2018/06/18

DIY Speaker (90)



サブウーファーを駆動するために、ベリンガーのDCX2496と2台のA500を導入しました。
2台のA500は、一台がウーファー用、他の一台がサブウーファー用です。
今まで使用してきたDCX2496はサブウーファー用になり(SUM出力)、サブウーファー用のA500はブリッジ接続にしました。

新たに購入したDCX2496は、中央のスロットがなくなり、LEDの色が黄緑色から蛍の発光色のような色に変わっていました。
DCX2496と付き合いは「46話 イコライザの導入」が最初のようです。
これは2005年の話だと思うので、もう13年も前の話です。
様々な部分が改良されているのでしょう。




サブウーファーは、「61話 低音を叩きつけろ!」でご紹介したシステムです。
(それにしてもなんて恥ずかしいタイトルなのでしょうか…)
2006年6月ごろに製作したので、もう12年も前の話です。
白色に変更された以外、全く改良されていません。




正面向きの音が聴きたかったので、とりあえず、ウーファーユニットは正面向きにしました。
下向き配置は、また試すことになるかもしれません。
ウーファーユニットのPeavey Low Rider 18 (1808-8HPS)のMmsは163.2gですが、現行ユニットは仕様変更により198.2gになっています。
Revc 6.21Ω、Le 0.87mHは共通するので、ボイスコイルはそのままだと思います。




A500は最初は寝ぼけた感じでしたが、一時間ほどで徐々に目覚めてゆきました。
サブウーファーとウーファーのクロスは50Hz、遮断特性はL-R48です。
透明感のあるみずみずしい音になりました。





2018/05/24

Violet Linen Prestige Damask Design Tablecloth, Burgundy



昨年からテーブルクロスにはまってしまい、今日は米国アマゾンからこんなのが届きました。
バイオレットリネンのプレステージダマスクシリーズのバーガンディ色。
大きさは60インチx 102インチ(152cmx259cm)です。
約40ドルでした。




食卓テーブル(90cm x 180cm)が古くなってしまい、表面に傷やら塗装はがれが散見できるようになってしまいました。
こういう場合、テーブルクロスで誤魔化すことにしています。
で、国内のアマゾンのテーブルクロスはあんまり面白くない。
地味というかシンプルというか。ま、こういうのは退屈ですね。
一方、米国アマゾンだとテーブルクロスの種類が豊富で安価です。
面白い柄に魅かれて、次から次へと注文、気付けばテーブルクロスだらけに。





バーガンディ色と金彩の取り合わせ、強烈です。
普通の食器だと負けちゃうな。
MoserのMarienbad、6色金彩のホックグラスを置いてみました。
このぐらいだとバランスとれるかなぁ。






見る角度によって、バーガンディ色が暗くなったり明るくなったりします。
金彩も同様に見え方が変わります。
食卓テーブル上だけ、リッチな世界が展開します。
妙な趣味を持ってしまいました。