2017/11/02

DIY Speaker (85)



(84)の続きです。

DCX2496が1台だけという状況なので、サブウーファー抜きの3ウェイマルチアンプの状態で稼動させることにしました。
最初の作業は、DCX2496の設定。
クロスオーバー周波数は、とりあえず200Hzと800Hzにしました。
何れも遮断特性はL-R48dB/oct。

200Hzというのは希望的な数値です。
ミッドはホーン長が短いため、200Hzはとても無理で、おそらく250Hzとか300Hzぐらいからしか使えないのではないかと予想していたからです。
なお、800Hzというのは200Hzの2オクターブ上の周波数ということで選びました。
とりあえずのレベル調整は、ローが0dB、ミッドが-5dB、ハイが-10dBとしました。




まず、松田聖子さんのCD(リッピングしたデータ)を小音量でかけて、各ユニットから設定された帯域の音が出ているかを確認します。
この段階で、ミッドホーンの能率が思っていたよりもかなり高いことに気付きました。
問題はなさそうなので、普通の音量(大音量ではない)にして、ざっとレベル調整をします。
ミッドとハイのレベルを下げました。

次に、DENONのオーディオチェックCDの出番です。
最初は、トラック10のチャンネルチェックです。
左信号が右スピーカーから、右信号が左スピーカーから出ていました。
DCX2496のルート設定を変更して解決。
次は、トラック11の位相チェックです。
最初は全帯域で聴いてみます。
大丈夫みたいです。
次に、DCX2496のミュートを使用して、ロー、ミッド、ハイのそれぞれの位相をチェックします。
これも大丈夫みたいです。
左右チャンネルにおいては各帯域ともに逆相にはなっていませんが、松田聖子さんのボーカルが引っ込んでいたのを思い出し、DCX2496でハイ(JBL 2451H)を逆相に設定します。
スピーカーケーブルの接続は、ユニットの極性にかかわらず赤は+黒は-で接続しているため、極性が逆の2451Hは、当然逆相で動作していたわけです。
DCX2496の設定を変更してこれも解決。

松田聖子さんのCDに戻し、普通の音量からやや大き目の音量(大音量ではない)でレベル調整を続けます。
大音量のレベル調整は聴感覚をマヒさせ、ろくな結果にならないからです。
ほどなく、ミッドが-10.5dB、ハイが-15dBになりました。
レベル調整がすぐに決まってしまうのは、各帯域の特性に大きな乱れがないということです。
それにしてもホーンキャラクターが全く感じられない…

かなりいい雰囲気で鳴っています。外観に似合わず豪快かつ鮮明な音。
ならばと、測定用マイク(ECM8000)をDEQ2496に接続し、DEQ2496とSRC2496を光ケーブルで接続、測定をしてみました。
全体の傾向を見たいのでマイクの位置はリスニングポイントです。




レベル調整だけでEQ等は使用していません。
一部を除き、±3dB以内に収まっています。




 DCX2496のミュートを使用して、ミッドだけ鳴らした状態。
うれしいなぁ、これ200Hzから使えます。




同様にハイだけ鳴らした状態。
おおっ、1kHzから4KHzが盛り上がっていて2360AやMR94を連想させます。
8kHzから16kHzがやや盛り上がっているのは、この帯域で回折効果が不足していることを暗示しています。




同様にローだけ慣らした状態。
これはどうでもいいか。

大成功です。うれしいなぁ。
これでホーン設計の技術解説がやっとできます。
シビアな測定はユニットのエージングが終わってからでしょうか。







新たなスピーカーシステムを作ろうと考え始めたのが2010年の8月ごろ。
それから7年後、2017年10月30日に音出しになりました。
音出し、というのはあまりにお気楽な感じなので、進水式にならって出音式というのはいかがでしょう?
「…2017年10月30日にようやく出音式を迎えることになりました。」うん、これなら。

黄色いホーンシステムの出音式のときに、エルガーの戴冠式行進曲op.65を鳴らしたことを覚えています。
験担ぎにまたこの曲を選びました。
暗黒のオーディオ海に乗り出そうとする新システムの安泰を願って!








<出音式>
インドかどっかの出音神に新スピーカーシステムの安泰をお願いする儀式のこと。
「出音」の発音は、でおと、でおん、しゅつおん、などがあるが、どれでもいいし、どうでもいい。
出音式の特徴として、出音直後から主催者、列席者共に苦虫を噛み潰したような顔になることがあげられる。

出音式が公に認められるようになったのは英国偽王立出音協会(仮)が1910年代初頭に設立されてから。
このとき同協会(仮)がエルガーに出音式典序曲の作曲を依頼し、op.65(裏)が完成する。
エルガーは、「逆相接続になってた、ごめんごめん状態」でも十分に楽しめるよう、この作品において第二ヴァイオリンの逆相演奏を譜面に指示しており、この余計なお世話のため、op.65(裏)は演奏困難な難曲として知られることになった。

オーディオ界がお先真っ暗というかすでに消滅している現在、出音式などという行事は完璧に忘れ去られており、ごくたまに奇人変人のたぐいが「うははっ、出音式、執り行っちゃったよぉ!」とネットで自己申告する程度。はっきり言って、きもい。





DIY Speaker (84)



スピーカーユニットを取り付ける前にスピーカーユニット単体の動作確認をしました。
最初に5本のウーファーを裸の状態で鳴らします。
38cmウーファーのPeavy 1508-8ALCPが4本、サブウーファー用の46cmウーファーの1808-8HPS、それぞれ、出音が小さかったり、ボイスコイルのタッチ音がする等の問題はありませんでした。

次に、ホーンに取付けた状態のPeavey 1008-8HEをテスト。
バックチャンバーはまだ取付けておらず、ユニットに直接配線。
おそるおそるボリュームを上げてゆくと…おおっ、これは凄いや!
ご機嫌な音というか豪快な音が出てきました。
報われた気分です。うれしいっ!

この1008はホーン用に設計された超強力ユニットであり、25cmユニットでありながら4インチ径のボイスコイルを備えています。
8Wayの黄色いホーンシステムに4本使用しています。
以前、ヨハネスさんが黄色いホーンシステムを聴きにいらっしゃったとき、このダブルの1008に耳を近づけ「いい音してるなぁ。」とうれしそうに言ってました。
しかし、2オクターブに満たない帯域の音を聴いて、すぐに判断できるとは…
ほんと、耳がいいというか、びっくりな人です。
こっちは全帯域で何度も聴いて初めてこのユニットの性格が分かった(ような気がした)というのに…




お次は、JBL2451H。
これもホーンに取付けた状態。
うむむ、これも大丈夫かもしれない…よく分からないけど。
とりあえず出音には問題ありません。

さらに他の手持ちのユニットも引っ張り出してきてテストしてみました。
JBL2431H、2407H、2408H、それぞれ問題ありませんでした。
安心しました。

V字型バッフルのシステムを解体し、そのスピーカーユニットやアンプ類を再利用するので、アンプはデンオンのAVC-3809が2台ということになります。
ところが、チェックしてみるとそのうちの1台のリレーがいかれているようです。
音が出たり出なかったりする!
さらに、2台あるDCX2496のうち、1台がまともに動作しません。
これじゃサブウーファーを接続できないじゃないか!!


AVC-3809のカバーをあけてリレーを探しますが、昔のようなリレーは見つかりませんでした。
接点を綺麗にすればあるいは、と思っていたのですが。
DCX2496も買いなおした方がいいのかなぁ…

気を取り直して箱やケーブル端にスピコンコネクタ(NL4MPR、NL4FRX、NL4FX)を取付けてゆきます。
ケーブルはカナレの4S6です。黒100m買いました。馬鹿かも、です。

ケーブルで音が違うのはヨハネス亭で体験させていただきました。
WE等の20mぐらいのケーブルで聴き比べをしたのですが、その違いは3Wayマルチのレベル調整で0.5dB分ぐらいかなって感じでした。
だからといって軽視したりはしてません。
4S6を選んだ理由は他にあるのです。
貯めるは金、つかうは銭。




今回のシステムはリッピングしたCDしか聴かないので、パソコンソフトのfoober2000のボリューム調整(画面に表示されるスライダーのこと)を使用します。
このやり方はもう何年も改造ALTECシステムで使用しています。
foober2000で24bit、ウルトラモードの96khzのサンプリングレートで出力します。
ノートパソコンにCreative Sound BlasterをUSB接続、ここからの光出力をSRC2496で受けます。
SRC2496のRCAとXLRのデジタル出力端子から2台のDCX2496に接続します。
RCAデジタル出力の方にはカナレのBCJ-XP-TRBというマッチングトランスを使用します。
そして2台のDCX2496の6ch分の出力は7台のアンプを格納する2台のAVC-3809のEXT入力におくりこまれることになります。
これで最大6wayのマルチアンプに対応できます(という予定でした。)。
なお、foober2000のボリューム調整を使用するため、AVC-3809のボリュームは-18dBの状態にしたままです。

なぜfoober2000で24bit、ウルトラモードの96khzのサンプリングレートで出力するかというと、音質の改善という理由ではなく(それもあるけど)、これをSRC2496で受けてDCX2496に流し込むやり方が、DCX2496を安定して動作させることが経験的に分かっているからです。
DCX2496のサンプリングコンバータの誤動作が原因なのかどうかは分かりませんが、突然音が悪くなったりする現象を解消することができます。
さらにDEQ2496を測定器(RTA)として使用します。
しかし、AUTO EQなどは使用するつもりがないのでシステムにDEQ2496を組み込むことは今のところ考えていません。